平成ママと令和ベビー

食べることが大好き 日常を綴ります  

4.27 初めてタコライスを作ってみた

タコライス!沖縄のソウルフード

数年前に、石垣島に旅行した時、民宿の方が作ってくれたタコライス

友達と、朝からシュノーケリングをした後に、木陰でタコライスを食べた。

天気も良くて、タコライスも輝いて見えた。

チリソースがピリッと効いていて、それはそれは美味しかった。

あまりの美味しさに、あんまり噛まずに、かきこんでしまった。

 

さて、レシピ集をパラパラめくっていて、目にとまった文字が「タコライス」。

見開き一杯に、沖縄を彷彿とさせる写真と、イラストが描かれていて、

私の脳内では、一気に前述の石垣島で食べたタコライスの思い出が再現された。

ずっと思い出すこともなかった記憶が、ふとしたことがきっかけで

ありありと臨場感を持って思い出されることがある。

忘れているようで、いろんなことを実はみんな覚えてるのかもしれへんなぁ。

 

もちろん、思い出したのは、映像のみならず、「美味しかった」という味覚記憶もである。

思わずゴクリと生唾を飲み込む。

特別お腹がすいたわけでもないのに、食欲が沸いてしまうのは不思議だった。

作り方や、材料を見ても、家にあるものでぱぱっと作れそうである。

「今度作ろう!」と、意気込んで、レシピを保存。

 

そして、今日のランチでついにタコライスを作ってみた。

本当に手軽に作れた。7分ぐらいで出来上がりを口にしていた。

ひき肉をフライパンで醤油と砂糖で炒め、

ライスの上に、レタス、ひき肉、トマト、チーズをのせて、最後にソースをかけて完成。

ソースは、オリーブオイルと、ケチャップ、ソース、一味。

想像以上に早くに仕上がって、驚きを隠せない。

 

早速、一口食べてみる。

大きめのスプーンに、それぞれの食材がのっかるように工夫して、お口の中へ。

あぁあ美味しいいいい

お肉の甘辛さと、トマトのさっぱりとした酸味、レタスのシャッキっと感、そこにチーズのクリーミーな味わいが見事にマッチしている。

昔と同様に、美味しくて、つい、パクパクと口の中にスプーンを運んでしまった。

気づけば食べ終わってしまった。

食べ終わったと同時に、しばし幸せな気分に包まれる。おいしぃいい

やっぱり、ご飯は素敵やなぁ。

 

材料について思いを馳せてみると、ハンバーグや、ハンバーガーとも似ている。

そりゃ美味しくなるわけだ。

一味が入っているのは少しテイストが異なる。

 

さらに、タコライスについて少しだけ調べてみた。

タコが入っているわけではないのに、なぜタコライス?と、思うところ。

タコスのライスでタコライスらしい。

タコス、、、チリソース、、、ピリッとしたトマトベースのソースのことだろうか。

 

最近改めて、ハマっている、

カレーにしろ、キムチにしろ、今回のタコライスにしろ、

どうやら、酸味や辛味がピリッと効いている味が好みのようだ。

 

純豆腐や、石焼きビビンバも好き、、、、

4.26 抱っこされてると落ち着くのかなぁ

9キロ前後になったみかんちゃん。大きくなったものよ。

コロナが流行る前は、毎日抱っこ紐にみかんちゃんを入れて、長時間お散歩していた。

それが、時世が変化してからは、家におこもりすることに。

抱っこ紐の登場回数も激減。

 

数ヶ月ぶりに抱っこ紐で長時間抱っこして、家事をしていると、

なんとなくみかんちゃんは、ご機嫌の様子。

甘えた声でたたぁータァータァー♪と言っている。かわええ。

あぁ、抱っこされたかったんかなぁ。

抱っこされたら落ち着くもんなぁ。

自分も嬉しくなって、顔が綻ぶ。

もっとたくさん抱っこしてあげよう。

手で抱っこするのは、重くなってしまったので、大変だけど、

抱っこ紐でなら、まだまだ長いこと抱っこできるぜい。

 

一生のうちにわが子と濃密に関われるのも、今しかないやろうし。

後になって思い返せば、懐かしく、一瞬のことなんやろうなぁ。

抱っこできるうちにいーっぱい抱っこしてあげよう。

 

4.25 西松屋のシリコンエプロン

みかんちゃんは、離乳食を食べる時に、ボロボロ食べ物を落としてしまうことがあります。

それを予防するために、貰い物のエプロンをつけていました。

けれども、あまりの洗濯頻度に負けて、破れてしまったのです。。。。

一緒に幾多の日々を乗り越えてきたエプロンよ、、、君がもう力尽きてしまったことに悲しみがこみ上げる、、、、

 

他のエプロンは、完全防水ではないので、飲みものをこぼした時や、水分の多い食べ物を食べた時に、エプロンに染みて、下に来ている服まで濡れてしまいます。

結局、食後に総着替えをすることになります。

これが、、、毎度となると骨も折れるもんですわ。

 

この前西松屋に行った時に発見したシリコンエプロンを買ってみました。

実際に使ってみて、

めっちゃええやん!という感想です。

 

完全防水だから、服が濡れる心配なし!

お皿と同様にガシガシ洗える!

ポケット付きで食べ物キャッチ!

ボタン調節で首回りの対策もオッケー!

 

よし!新たに、仲間が増えたところで、みかんちゃんの離乳食への旅は続くのでした、、、

To be continue

4.24 たけのこの里 wベリーケーキ味

近所のスーパーに売られていた、たけのこの里

フレーバーは、wベリーケーキ(ストロベリー&ラズベリー)。

 

おぉいちご味かぁ〜〜、普通に美味しいやろなぁ〜〜食べてみよ。と、軽い気持ちで購入した。

家に帰り、らんらん♪とした気分でお口の中へ。

 

!???おいしい!!!

通常のストロベリー味と異なり、酸味が効いていて、それでいて、甘味もある。

噛むと、クッキーの味ともコラボして、より一層美味しくなる。

 

わわ〜〜〜美味しいいいい。

旦那とパクパク食べて、あっという間になくなりました。

 

それ以来、スーパーでそのお菓子を見つけては、買っています。

さらには、まとめ買いまでしてしまいました。

4.23 寝起きに引っかかれてしまった。

先週、朝目覚めると、横でみかんちゃんがうつ伏せになってすやすや眠っていた。

部屋には、外から陽の光がカーテン越しに差し込み、穏やかな雰囲気である。

 

みかんちゃんのぷにぷにのほっぺたが、布団にギュむっと潰されて、口からはよだれが垂れていた。

おぉ、かわええのぉ〜〜〜。まだ眠っとるのぉ〜〜〜。

どれ、近くで可愛いお顔を拝見させてもらおうかのぉ〜〜。フォッフォッフォ。

みかんちゃんの近くへ、ズズズと、近寄り。横向きに寝っ転がりながら、眺めようとした。

すると、その気配で目が覚めたみかんちゃんは、

起きた拍子に手を動かした。

丁度、みかんちゃんの指の爪が私のほっぺたにあたった。

いったぁああああああああああ!!!!

 

それまで、夢見心地で脳内お花畑の私は、一変した。

痛すぎて完全に目が覚めた。

血出たんちゃうか!?

 

みかんちゃんは、何も知らず、不思議そうな寝起きの顔でこちらを覗く。涙

 

鏡で確認すると、ほっぺたのところに傷ができてしまった。

血は出る一歩手前でしたが、なかなかの傷。悲しきことよ。とほほ。

今はマスク生活なので、丁度隠せて良かった。

 

ちゃんと治るかのぅ。

4.22 お母さんの「敏感期」読了

Amazonプライムリーディングを利用して、

モンテッソーリ教育について書かれている、「お母さんの『敏感期』」を読み終えた。

 

お母さんの敏感期とはどういうことか。

敏感期の言葉自体、聞き慣れなかった。

生物には敏感期というものが存在するらしい。

母親が子供を初めて育てる時、新たな事柄に試行錯誤していく時期を、

母親の敏感期とさすと、私は捉えた。

 

生まれてから、就学前までの子供は、ふとしたことにすごくこだわったり、

永遠と同じことを繰り返したりと、

大人からすると不可解に思える行動をとることがある。

そのようなものは、子供が成長していく過程で起こる、子供の敏感期が原因である。

親が知識として知っていれば、そのような不可解な行動に悩まされて、イライラすることも少なくなるかもしれない。

 

今はまだ乳幼児だけど、もうすぐ1歳になる。

そのうちに、どんどん自我が芽生えていくだろう。

ずっと石ころを触っていたり、出発の支度途中にずっとトイレに篭っていたりして、

親としてイライラすることもあるだろう。

そんな時には、またこの本を読み返したい。繰り返し読み返していきたい。

 

親の都合で考えてしまいがちだけど、

子供の表情をよくみて、この子がどうしていきたいのか、何に興味をもっているのかを考えていきたい。

大人からするとなんでこんなことするの?と、思えることも、

それが、子供が集中して取り組んでいたら、その事柄は子供の成長にとっては大切なのだ。

 

世の中には色々な教育書があり、どの教育方法もいいような気がして、

どれも取り入れたくなるけれども、全部を取り入れるのは難しいもの。

たくさんある教育方法の中でも、根っことしてもっておきたい心構えというものについても、この本を読んで知ることができた。

 

1〜3歳の敏感期におすすめの手作りおもちゃも紹介されていた。

みかんちゃんが、その年齢になった時には、是非とも作りたい。

その時には、この本のことを覚えているだろうか。笑

忘れないためにも、このブログに記録として残しておこう。

 

4.21 ベビーサークルのふちを掴む

みかんちゃんの最近よくとる行動。

それは、ベビーサークルのふちを掴んで、立つこと。

 

ローテーブルでつかまり立ちをすることも、もちろん毎日しています。

ちょっと、視野を広げてみた時に、

「おや、、、なんか掴まれそうなものがあるではないか、、、、」

と、なったのでしょうか。

 

ベビーサークルのふちを

にぎにぎ 握って、立ってます。

もちろん、表情は誇らしげ。

うー♪と、嬉しそうな声も。

 

こちらは、転げやしないかとおろおろしているのも知らず、今日もみかんちゃんは元気です。